VAPEとは電子タバコのこと!各部位の名称とそれぞれの役割

更新日:

vapeとは電子タバコのこと

電子タバコ(VAPE)は現在世界的に大流行しており近年日本に於いても注目を集めています。しかし「電子タバコに興味があるけど良くわかない」という人がまだ数多くいます。そんな方向けにこの記事では分かりやすいように電子タバコ(VAPE)について紹介していきます。

紹介していく内容は、電子タバコ(VAPE)はどのような作りになっていて各部位はどのような役割を果たしているのかについて、これから電子タバコ(VAPE)を吸ってみようと思っている人は読んでみてください。

それでは紹介する前にそもそもVAPE(ベイプ)とは何なんでしょうか。

 

VAPE(ベイプ)とは何なの?

VAPE(ベイプ)とは電子タバコのことを言いベポライザー(気化器)という言葉から海外ではベイプと呼ばれています。

電子タバコ(VAPE)は、リキッドと呼ばれている液体に電気の熱を加え蒸気に変えます。その蒸気を吸い込むことでタバコのような感覚を味わえるというものが電子タバコ(VAPE)と呼ばれています。

かみ砕いて言えば、一般的な紙巻きタバコだと火を使用してタバコ葉を燃やした煙を吸いますが、電子タバコはリキッドという液体を気化させて、その蒸気を吸い込みます。リキッドにはさまざまな味があり、お好みの味で楽しむことができます。

紙巻きタバコと違い火を使いませんのでタールがでないこと、また、リキッドにはニコチンが含まれていないことから健康面に良いとされ、電子タバコに変えていく人達が増えています。

ニコチン入りのリキッドもありますが、健康志向で電子タバコに変えているのであれば、ニコチンが入っていないリキッドを選ぶべきでしょう。ちなみに、ニコチン入りのリキッドは薬事法で禁止されていますので国内での販売はできません。

アイコスにはニコチンが含まれていますが、電子タバコのリキッドにはニコチンが含まれていないという点がアイコスなどの加熱式タバコとVAPE(ベイプ)の大きな違いといえます。

それではまずVAPE(ベイプ)はどのような作りになっているのかを説明していきます。

 

VAPE(ベイプ)の構造はどのようになっているのか

電子タバコ構造

電子タバコにも種類が色々あり、構造や造りに違いがあるのですが、基本的な構成はドリップチップ、アトマイザー、バッテリー(MOD)の構成で造られています。

紙巻きタバコで例えるのであれば、ドリップチップがフィルター、アトマイザーがタバコ葉、バッテリーが火と例えると分かりやすいのではないでしょうか。

電子タバコはアトマイザーで気化した蒸気をドリップチップから吸い込むのですが、アトマイザーはタンクとその中にコイルが入っていてタンク内にリキッドを注入します。そしてバッテリーから電流を流してコイルを加熱させ、タンク内で加熱されたリキッドが液体から気体(蒸気)に変えられます。

vape構造

このようにアトマイザーで作られた蒸気を吸い込んでいくわけですが、吸う時に密閉されていては空気が吸い込めませんのでエアホールという穴が設けられています。その穴が吸気口となって空気がアトマイザー内を通過し、加熱された蒸気と一緒に吸い込むようになります。

一連の流れが分かったかと思いますが次に、各部位についてもう少し詳しく説明していきます。

 

ドリップチップ

ドリップチップ

口を付けて吸う部分になります。ここから吸引して蒸気を体内に入れます。規格は510という規格とアトマイザー専用規格があり、ドリップチップを変えることで蒸気の出方を変えたりとカスタマイズすることもできます。

材質も種類豊富で、ステンレス・アルミ・銅・真鍮・セラミック・ガラス・チタン・レジン・樹脂系・スタビ・アクリルなどさまざまな材質がありますので自分好みにいつでも変えられます。

形状や空洞の口径などさまざまな種類がありますので咥えた時にフィットする自分好みのドリップチップを見つけましょう。

 

アトマイザー

アトマイザー

アトマイザーは、リキッドを入れる部分でここで液体を蒸気に変えます。電子タバコ(VAPE)では心臓部になるこの部位は蒸気量や味を左右する最も重要な箇所となりアトマイザーはタンクとコイルから構成されています。

アトマイザーのタンクは中が見えるとリキッドの残量が分かりやすく透明なものが良いですが、材質は樹脂製とガラス製とがあります。樹脂製は液漏れがしやすく柑橘系やメンソール系のリキッドを使用すると劣化して破損の原因となります。ですので柑橘系やメンソール系のリキッドを吸うのであればガラス製のタンクを選ぶようにしましょう。

タンク内にはコイルとウィックという綿が入っており、タンクに貯められたリキッドがウィックに染み込みバッテリーから電流を流すことでコイルが加熱されウィックに染み込んだリキッドが暖められて蒸気になるという仕組みです。

コイルの電流が高ければ高いほど熱量が上がり気化しやすくなります。電流を上げるにはコイルの抵抗値を下げると電流が流れやすくなり熱量が上がります。このように蒸気量はコイルの抵抗値に大きく影響されますので抵抗値が低いコイルを選ぶと蒸気量が多くなりますがその反面味は薄れていきます。

蒸気量はコイルユニットの大きさも左右され、大きければコイルユニット内にあるウィック(綿)の量も多くなり、リキッドが多く使用されるようになりますので、多くの蒸気を発しやすく味も濃くなります。

リキッドの風味を重要視する場合は、空気が通る量を調整できる調節可能なエアフローが付いているものを選ぶと味の調整をすることができます。エアフローは空気の通りが少ないほど濃い風味になります。

それ以外には、コイルユニットに使われるウィック(綿)の素材も味を左右するうえで影響がでます。

ウィック

最も多く使われているウィック素材は、グラスファイバーとオーガニックコットンの2種類が使用されています。グラスファイバー製は独特の味がして嫌な人もいますので、オーガニックコットンコイルを選ぶとリキッド本来の味を楽しむことができます。

また、蒸気が多く出るのを好む方もいると思いますが、その場合の選び方はコイルの抵抗値が0.5Ω前後の抵抗値で、なるべく大きいコイルユニットにし、エアフローが2箇所以上ついてて調節が可能なもの、また、ドリップチップの空洞が大きくタンクの容量ができるだけ大きなものを選ぶと多くの蒸気を出しながら味も薄れにくくなります。

 

アトマイザーの種類

アトマイザーには大きく分けて2種類に分類されます。

●ドリッパー式

●タンク式

ドリッパー式のリビルタブルドリッピングアトマイザーとタンク式アトマイザーに分類され、一般的に幅広く使用されているのが、タンク式アトマイザーで、アトマイザーのコイルユニットの抵抗値(Ω)で、蒸気量や味が左右されます。

 

■タンク式アトマイザー

タンク式アトマイザー

タンク式アトマイザーにも種類があり、クリアロマイザーとリビダブルタンクアトマイザーとがあります。

クリアロマイザーはタンク部分が透明なものをクリアロマイザーと呼び、リキッドの残量が分かりやすいので使い勝手が良いのが特徴です。

参照アトマイザー(クリアロマイザー)おすすめランキング!

クリアロマイザーの中でも、材質がガラスで出来ているものをガラスロマイザーといい、リキッドのメンソール成分は樹脂素材を腐食させて、ヒビや漏れなどの発生がありますので、それを防止するのにガラスロマイザーを使用します。

ガラスロマイザーはガラスですので、リキッドへの耐性は良いのですが、落下させた時の衝撃で破損してしまう場合がありますので、取扱には注意が必要になります。交換時は、既製品のアトマイザーを交換することで簡単に交換ができます。

リビダブルタンクアトマイザーはRTAとよばれ、コイルを自分で巻いたり、コットンを詰めたりと自分好みの仕様にしたい中級者向けのアトマイザーです。

参照RTAおすすめランキング|人気のリビルダブルタンク アトマイザー選び

 

■リビルダブルドリッピングアトマイザー(ドリッパー式)

ドリッパー式はRDAとも呼ばれ、タンク式ではありませんのでタンクがなく、直接コットンにリキッドを垂らして吸うアトマイザーです。

コイルドリッパー式

RDAはセッティングによって味や蒸気量を調整でき、吸口まで近い分リキッドの味わいが濃厚になるという特徴があり、コットンの交換だけで済みますのでムダに経費もかからないという利点がありますが、上級者向けのアトマイザーになります。

参照RDAおすすめランキング|初めてビルドする時のアトマイザー選び

 

バッテリー(Mod)

mod

電子タバコのバッテリー(Mod)は、携帯電話やスマホのバッテリーと同じように電子タバコに電気を供給するのに必要なものです。

電子タバコ(VAPE)は火を使いませんので、それを電気で熱源にして液体を気化させるために電源供給するためのものがバッテリー(Mod)になります。

電子タバコの場合は先に記述してありますように、アトマイザーのコイルに電流を流さなくては使用することができませんので、その電流を流すためにバッテリー(Mod)から電流が供給される仕組みになっています。

 

Modの形状

Modの形状は大きく分けて3つの形状があります。

タバコ位の大きさでできている「筒型」、タバコサイズよりも一回り大きい「太い筒型」、ACアダプターのような「箱型」の3種類に分けられます。

ペン型Mod

タバコ位の大きさでできている筒型は510系と呼ばれており、このタイプのバッテリーはModとは呼ばれず、禁煙グッズとして扱われ、電子タバコもVAPEと呼ばれることはほとんどなく、タバコサイズよりも一回り大きい太い筒型のバッテリーをペンシルMod、ACアダプターのような四角い箱型のバッテリーをボックスModとこの2種類がModとして呼ばれています。

バッテリー(Mod)内には、電力調整を行う基盤が内蔵されていますので、現在はボックスModが人気となっています。

参照MODおすすめランキング|高出力のデュアルバッテリーから選ぶ

 

Modの種類

Modは機能によって主に2つの種類に分類されます。

1つ目がメカニカルModと呼ばれ、これはバッテリーケース内にバッテリーを入れて使用するもので、制御基板や保護回路などの制御機能がないので、アトマイザー側のコイル抵抗値で蒸気量などを調整する必要があります。

2つ目がテクニカルModと呼ばれるもので、バッテリー内部に保護回路や制御基板などが内蔵されていますので、アトマイザーと抵抗値に対し、出力電圧を設定するとそれ以外の制御は自動で行われますので、アトマイザーを変えることなく自分好みの調整がおこなえるModになります。

電素タバコ(VAPE)Mod

メカニカルModは、制御機能が付いていませんので、電気の知識が乏しい人にとっては、非常に危険です。メカニカルModにはただ通電させるだけのバッテリーですので、安全機能も一切ありませんし、機器がショートしていたとしても、ずっと電力を供給し続けます。

ここは迷わず、テクニカルModを選ぶべきでしょう。

テクニカルModは、仮にショートして故障しているアトマイザーを取り付けたとしても、制御する抵抗値を瞬時に判断し、使用できなくなる保護制御があります。途中で故障しても、この保護制御が働きますので、通電をストップしてくれて故障したとを判断できます。

 

電子タバコ(VAPE)まとめ

電子タバコ(VAPE)のそれぞれ部位ごとの役割を簡単に説明しました。

電子タバコは奥が深く自分で各部品交換を行いカスタマイズして自分好みのVAPEを作り上げることもできます。

リキッドにはニコチンも入っていませんので、禁煙を考えている方にとっては最も良い禁煙グッツになるのではないでしょうか。

電子タバコ(VAPE)を購入を検討しているのであれば下記より参照ください。

参照初めてのスターターキット選び



話題の記事

メンソール系リキッド人気ランキング 1

メンソール系のリキッドはスッキリとした爽やかで清涼感のあるリキッドです。 メンソールが入っていることで吸った感覚が増して満足感が得られます。タバコのメンソールを吸っている方であれば電子タバコ(VAPE ...

タバコ味リキッド 2

紙巻きタバコから電子タバコ(VAPE)に変える時はタバコ味のリキッドから入ると禁煙がしやすいという人もいます。しかし、タバコ味のリキッドはいまいち再現性が低くて純粋なタバコ味のリキッドは余りありません ...

コーヒー系リキッドおすすめ 3

電子タバコ(VAPE)のコーヒー系リキッドのおすすめ品をランキング形式で紹介していきます。 休憩の一時や食後に一杯コーヒーを飲むなんて人は多いかと思います。電子タバコ(VAPE)のリキッドをコーヒー系 ...

マスカット・ぶどう系リキッド 4

電子タバコ(VAPE)のリキッド選びをする時は最も無難なのはマスカットやぶどう系のリキッドを選ぶことです。何故かと言うと、最も万人受けする味で外れが出にくいリキッドが多いという点です。 マスカット味の ...

爆煙VAPEランキング 5

VAPE(電子タバコ)を持つなら爆煙の方が良いなーなんて思っている人は多いはず! 爆煙にするということは、リキッドをいかに霧状にできる構造になっているのかがポイントになります。つまり、アトマイザーの性 ...

アスパイアK4 6

Contents1 アスパイアK4はどんなVAPEか1.1 K4の製品仕様1.2 K4スターターキットの内容2 K4の取扱方法2.1 充電方法は2.2 電源の入れ方2.3 エアフロー3 K4の主な機能 ...

エミリミニ+ 7

Contents1 エミリ(EMILI)には種類がある2 エミリミニ+(プラス)とは3 エミリミニとエミリミニ+(プラス)の比較一覧3.1 エミリミニとエミリミニ+(プラス)では吸引方式が違う3.2 ...

iStick Piko 8

Contents1 iStick Picoとは1.1 iStick Pico製品仕様1.2 iStck Pico スターターキットのセット内容1.3 iStick PicoのMODにバッテリーを入れる ...

ココナッツ味リキッド 9

電子タバコ(VAPE)のココナッツ味リキッドのおすすめをランキング形式で紹介していきます。 その前に果実のココナッツについて簡単にふれてみたいと思います。ココナッツとはいわゆるヤシの美で、東南アジアや ...

five-pawns 10

私が電子タバコ(VAPE)を初めてから色々なリキッドを試してみましたが、やはり1番衝撃を受けたのがFIVE PAWNSのリキッドです。 高級リキッドとして知られるFIVE PAWNSでありますが、値段 ...

-VAPE・タバコ情報
-

Copyright© タバコネット , 2020 All Rights Reserved.