タバコが一律50円の値上げ!?フィリップモリス社一律値上げ

更新日:

マルボロ

2018年6月12日フィリップ・モリスジャパンは紙巻きたばこの4ブランド86品を値上げすることを財務省に申請した。フィリップ・モリス社は国内2位のタバコの売上高ですが、今年度は苦戦していて、1-3月の決算では予想が70.3億ドルに対し69億ドルではあったものの、前年比との比較では+13.7%であった。

タバコとヒート式タバコの出荷量は1738億本と-2.3%に留まった。売上総利益は+10.1%の42.8億ドルではあったが、売上総利益率は-2.0%と減少し、純利益も-2.1%と15.5億ドルであった。

これにより、株価も-16%近くも下げ苦戦している。

タバコの出荷量

タバコの出荷量紙巻きタバコとアイコス用のヒート式タバコの出荷量は、ヒート式タバコは116%と増えていますが、アイコスへの乗り換えで紙巻きタバコの販売は-5%となり、全体でみると-2.3%と出荷量は減少傾向になっている。

2017年度まではアイコスの販売が好調であったが、2018年度はアイコスの売上が鈍化し出荷本数にも大きく影響しています。

アイコスの売上を伸ばすには、50代以上の喫煙層が全体の40%を占めていることから、この層を中心にアイコスを普及させていかなければならなく、この層の売上によって今後の販売量の影響も大きくなります。

2018年10月から値上げされる

タバコ値上げこのような経営状況からフィリップ・モリス社は10月のタバコ増税と合わせて主力であるマールボロ、ラーク、パーラメント、バージニア・エスの20本入紙巻きタバコを一律で50円の値上げをする方針だ。マールボロは470円だったのが520円となる。

タバコ税に関しては、2018年10月から2023年の10月まで5年かけて段階的に上げていくとになっています。2023年には1箱あたり60円増税されますので、今回のタバコ値上げによって合計で110円上がることになります。

更に、紙巻きタバコだけではなく、アイコスのヒート式タバコも10月から値上げすることになっていますので、今後追って申請していくと思われます。

それでもタバコ吸いますか?

それでもタバコ吸いますか紙巻たばこもヒート式タバコもどんどん値上げされていきます。タバコの出費って生活費の中でもウエイトを占め、1箱我慢すれば、弁当が一つ購入できてしまいます。

そして、そんな金額を投資して肺がんなどのリスクを抱えて良いことは何ひとつありません。

私も何十年とタバコを吸い続けていましたので気持ちはわかりますが、タバコはなかなか止められません。中毒化してしまっているので、吸っていないと落ち着かなかったり、ストレスがかかってきたりしてしまいイライラしてしまいます。

アイコスはタールを含まないので、肺がんのリスクは少ないですが、紙巻きタバコを吸っている人はそろそろ変えた方が良いでしょう。自分のためにも。

私もアイコスに変えてからは紙巻きたばこを吸わなくても平気になりました。アイコスにはニコチンが含まれていますのでタバコを吸った気分になります。そして、節約するためにも電子タバコ(VAPE)も併用して吸っていますので、健康面や経済面が大分楽になりました。

タバコが一律50円値上げのまとめ

このように紙巻たばこやヒート式タバコはどんどん値上げされ、税金も上がっていきます。

このような状況で吸い続ける意味があるのでしょうか?2023年には、マ-ルボロ1箱吸うと580円になってしまいます。1日1箱吸うとして1ヶ月にかかる費用は約18,000円も出費してしまいます。そして年間にすると216,000円という出費です。

これだけ金をかけて自分の体に肺がんのリスクを高めていることになります。

どう思います?

馬鹿らしいですよね。

いきなり止めれと言われて止められるなら誰も苦労しません。先ずはアイコスやプルームテックなどに変えて、健康面を考慮して、紙巻きたばこを完全に吸わなくなったら、今度は電子タバコ(VAPE)にステップアップして出費も減らしましょう。

今はプルームテックやアイコスは互換機が出ていて、互換機だと安かったり、機能面が良かったりと人気が出ていますので、互換機を購入してヒート式のタバコを吸うよいう方法なら出費も少なくて済みます。

プルームテックの互換機はこんなのがあります。


アイコスの互換機はこんなのがあります。

このような互換機も出ていますので先ずは、ニコチンが含まれている加熱式タバコに変更してみると禁煙しやすいのではないでしょうか。

一度紙巻きタバコから離れてしまうと、紙巻きたばこがどれ程マズイものかがわかりますよ。今思えば何でこんなマズイものを吸っていたんだろうと思ってしまうくらいです。

完全に紙巻きタバコを吸わなくなったら、今度はニコチンの摂取を止めるように、電子タバコ(VAPE)に挑戦してみましょう。電子タバコ(VAPE)に変えると、口臭の臭さもなくなり、口臭が良い臭いになります。そして、出費も抑えられますので、自分の趣味などに浮いたお金を当てられます。

一気に電子タバコ(VAPE)に変更しても構いませんが、最初はニコチンが含まれていないため、吸った気分になりません。ニコチン入りのリキッドも輸入すればありますが、せっかく電子タバコ(VAPE)を吸うのであれば、ニコチンの摂取も止めた方が良いと思います。

このように、紙巻きタバコにお金を使わずに、自分の趣味や楽しいことに出費したほうがよいと思いますので、挑戦してみてはいかがでしょうか。



話題の記事

メンソール系リキッド人気ランキング 1

メンソール系のリキッドはスッキリとした爽やかで清涼感のあるリキッドです。 メンソールが入っていることで吸った感覚が増して満足感が得られます。タバコのメンソールを吸っている方であれば電子タバコ(VAPE ...

タバコ味リキッド 2

紙巻きタバコから電子タバコ(VAPE)に変える時はタバコ味のリキッドから入ると禁煙がしやすいという人もいます。しかし、タバコ味のリキッドはいまいち再現性が低くて純粋なタバコ味のリキッドは余りありません ...

コーヒー系リキッドおすすめ 3

電子タバコ(VAPE)のコーヒー系リキッドのおすすめ品をランキング形式で紹介していきます。 休憩の一時や食後に一杯コーヒーを飲むなんて人は多いかと思います。電子タバコ(VAPE)のリキッドをコーヒー系 ...

マスカット・ぶどう系リキッド 4

電子タバコ(VAPE)のリキッド選びをする時は最も無難なのはマスカットやぶどう系のリキッドを選ぶことです。何故かと言うと、最も万人受けする味で外れが出にくいリキッドが多いという点です。 マスカット味の ...

爆煙VAPEランキング 5

VAPE(電子タバコ)を持つなら爆煙の方が良いなーなんて思っている人は多いはず! 爆煙にするということは、リキッドをいかに霧状にできる構造になっているのかがポイントになります。つまり、アトマイザーの性 ...

アスパイアK4 6

Contents1 アスパイアK4はどんなVAPEか1.1 K4の製品仕様1.2 K4スターターキットの内容2 K4の取扱方法2.1 充電方法は2.2 電源の入れ方2.3 エアフロー3 K4の主な機能 ...

エミリミニ+ 7

Contents1 エミリ(EMILI)には種類がある2 エミリミニ+(プラス)とは3 エミリミニとエミリミニ+(プラス)の比較一覧3.1 エミリミニとエミリミニ+(プラス)では吸引方式が違う3.2 ...

iStick Piko 8

Contents1 iStick Picoとは1.1 iStick Pico製品仕様1.2 iStck Pico スターターキットのセット内容1.3 iStick PicoのMODにバッテリーを入れる ...

ココナッツ味リキッド 9

電子タバコ(VAPE)のココナッツ味リキッドのおすすめをランキング形式で紹介していきます。 その前に果実のココナッツについて簡単にふれてみたいと思います。ココナッツとはいわゆるヤシの美で、東南アジアや ...

five-pawns 10

私が電子タバコ(VAPE)を初めてから色々なリキッドを試してみましたが、やはり1番衝撃を受けたのがFIVE PAWNSのリキッドです。 高級リキッドとして知られるFIVE PAWNSでありますが、値段 ...

-VAPE・タバコ情報
-

Copyright© タバコネット , 2020 All Rights Reserved.