iKuun i80はiKuun i200とどこか違いがあるの?

更新日:

iKuun i80

iKuun i80とi200の違いは

Eleaf(イーリーフ)から出ているiKuun i80上の写真を見て箱に水滴がついたデザインがなんだかオシャレですね。濡れている訳ではありませんよ。

それではiKuun i80について見ていきますが、iKuun i80とi200はパット見では全く同じ感じに見えますが、「どこに違いがあるんだろう?」と思いませんか。そういう人が多くいると思いますのでiKuun i80とi200の違いを比較してみます。

それではまず、iKuun i80の仕様から見ていきたいと思います。

 

iKuun i80の製品仕様

iKuun i80の仕様はこのようになっています。

  • サイズ:38mm☓27mm☓128mm
  • 接続方式:510スレッド
  • 材質:ステンレス、ガラス、シリコン他
  • 電力出力:1~80w
  • 最大充電電流:2A
  • 最大出力電流:30A
  • 出力モード:VW/バイパス/TC(Ni、Ti、SS、TCR-M1、M2、M3)
  • 設定温度範囲(TCモード):100℃~315℃/200°F~600°F
  • 充電温度範囲:-5℃~50℃
  • 抵抗値範囲(TCモード):0.05Ω~1.5Ω
  • 抵抗値範囲(VWモード):0.1Ω~3.5Ω
  • ファームウェアアップデート対応
  • バッテリー容量:3000mAh
  • アトマイザー名称:Melo4 D25 アトマイザー
  • アトマイザー寸法:53mm☓25mm
  • アトマイザータンク容量:4.5ml
  • 本体重量:175.5g(アトマイザー含む)
  • 本体カラー:シルバー、黒、白、赤、緑、青

仕様はこのようになっていて、黄色く塗った所がiKuun i80とi200が異なっている部分になります。違っている部分は、「サイズ」「電力出力」「最大出力電流」「出力モード」「バッテリー容量」「本体重量」これらの6項目になります。

次に、分かりやすいように変更箇所だけを一覧表にしてみましょう。

 

iKuun i80とi200の比較表

項目 iKuun i80 iKuun i200
 サイズ  38☓27☓128mm 45☓30☓126mm 
電力出力 80w 200w 
最大出力電流 30A 50A 
出力モード バイパス追加 なし 
バッテリー容量 3000mAh 4600mAh 
本体重量 175.5g 198g 

サイズは幅と奥行きがiKuun i80の方が小さくなっていますが、高さはiKuun i80の方が高くなっています。細長くなったといった感じでしょうか。

そして電力の出力は、iKuun i200は200wだったのに対し、iKuun i80は80wとこれは型番の数値がi200とi80そのままこの数値なので電力も下がっています。

次に出力モードはiKuun i200はバイパス機能がありませんでしたが、iKuun i80はバイパス機能が搭載されています。上級者以外は必要のない機能ですので無くても困ることはありません。

肝心なバッテリー容量は大幅に下がっていますね、3000mAhとiKuun i200と比較すると1600mAhも下がってしまいました。それでも3000mAhあり、しっかりと充電していれば1日は切れずに持ちます。しかしながらバッテリー容量は大差が出たという感じがしますね。

最後に本体重量は、細くなった分iKuun i80が軽くなっています。22.5gは結構な差がありますね。重量に関しては軽いiKuun i80に軍配でしょう。

機能面の違いはこの位ですが、スクリーンの位置がiKuun i200は正面の広い部分でだったのに対しiKuun i80は側面の細い部分に変更になっています。

スクリーン位置

Eleaf(イーリーフ)の他の機種もこの位置についているのが多いので、特に違和感はありません。むしろiKuun i200の正面についている方がちょっと違和感がありますね。

スライド式

リキッドの充電もi200同様にスライド式でリキッドが入れやすい構造でできています。この構造であればリキッドを入れるのも手間になりません。

iKuun i80のスターターキット内容

スターターキット

  • iKuun i80 本体
  • アトマイザー Melo4 D25
  • EC2 0.5Ωヘッド 30w~100w
  • EC2 0.3Ωヘッド 30w~80w
  • USB充電ケーブル
  • シーリング(予備パッキン)
  • 取扱説明書

iKuun i200と全く同じ中身になります。

EC2の最新コイルが付属していますので味や煙はiKuun i200と同等に出るでしょう。ACアダプタは付属しません。ACアダプターは何でも良い訳ではありませんので下記より参照下さい。

参照電子タバコ(VAPE)充電用のACアダプター選びは要注意

 

iKuun i80の吸い心地

爆煙

これまた爆煙です。

電力の出力はiKuun i200と比較するとiKuun i80の方が下がってますがコイルも同じですし、それ程差は感じられません。味もしっかりと出ますし、煙も爆煙で十分満足のいくVAPEだと思います。

 

iKuun i80のまとめ

iKuun i200とiKuun i80でどちらを購入しようか迷っている場合は、難しいですね。バッテリー容量も3000mAhあれば不自由さは感じられないと思いますし、あとはデザイン的な問題になるのではないでしょうか、スクリーンの位置が両者違っていますのでどちらについている方が良いのか。それとiKuun i80の方が若干コンパクトになって軽量化されていますのでその差をどう見るかです。

充電回数を減らしたいならiKuun i200

持ち運びで携帯性が良い方はiKuun i80

を選べばよいかと思います。



話題の記事

メンソール系リキッド人気ランキング 1

メンソール系のリキッドはスッキリとした爽やかで清涼感のあるリキッドです。 メンソールが入っていることで吸った感覚が増して満足感が得られます。タバコのメンソールを吸っている方であれば電子タバコ(VAPE ...

タバコ味リキッド 2

紙巻きタバコから電子タバコ(VAPE)に変える時はタバコ味のリキッドから入ると禁煙がしやすいという人もいます。しかし、タバコ味のリキッドはいまいち再現性が低くて純粋なタバコ味のリキッドは余りありません ...

コーヒー系リキッドおすすめ 3

電子タバコ(VAPE)のコーヒー系リキッドのおすすめ品をランキング形式で紹介していきます。 休憩の一時や食後に一杯コーヒーを飲むなんて人は多いかと思います。電子タバコ(VAPE)のリキッドをコーヒー系 ...

マスカット・ぶどう系リキッド 4

電子タバコ(VAPE)のリキッド選びをする時は最も無難なのはマスカットやぶどう系のリキッドを選ぶことです。何故かと言うと、最も万人受けする味で外れが出にくいリキッドが多いという点です。 マスカット味の ...

爆煙VAPEランキング 5

VAPE(電子タバコ)を持つなら爆煙の方が良いなーなんて思っている人は多いはず! 爆煙にするということは、リキッドをいかに霧状にできる構造になっているのかがポイントになります。つまり、アトマイザーの性 ...

アスパイアK4 6

Contents1 アスパイアK4はどんなVAPEか1.1 K4の製品仕様1.2 K4スターターキットの内容2 K4の取扱方法2.1 充電方法は2.2 電源の入れ方2.3 エアフロー3 K4の主な機能 ...

エミリミニ+ 7

Contents1 エミリ(EMILI)には種類がある2 エミリミニ+(プラス)とは3 エミリミニとエミリミニ+(プラス)の比較一覧3.1 エミリミニとエミリミニ+(プラス)では吸引方式が違う3.2 ...

iStick Piko 8

Contents1 iStick Picoとは1.1 iStick Pico製品仕様1.2 iStck Pico スターターキットのセット内容1.3 iStick PicoのMODにバッテリーを入れる ...

ココナッツ味リキッド 9

電子タバコ(VAPE)のココナッツ味リキッドのおすすめをランキング形式で紹介していきます。 その前に果実のココナッツについて簡単にふれてみたいと思います。ココナッツとはいわゆるヤシの美で、東南アジアや ...

five-pawns 10

私が電子タバコ(VAPE)を初めてから色々なリキッドを試してみましたが、やはり1番衝撃を受けたのがFIVE PAWNSのリキッドです。 高級リキッドとして知られるFIVE PAWNSでありますが、値段 ...

-スターターキット
-, ,

Copyright© タバコネット , 2020 All Rights Reserved.