タバコネット

世界的に流行している電子タバコ(VAPE)は日本でも多くの話題を集めています。

加熱式タバコのアイコス(IQOS)を筆頭に、グローやプルームテック、電子タバコやVAPEに切り替える人が後をたちません。

電子タバコ(VAPE)や加熱式タバコに変えることで、紙巻きタバコよりも健康面・経済面とメリットが多く副流煙などによる周囲への害も低減されます。

特にVAPEは若者を中心にオシャレとしてファッションの一部にもなっていることから人気が出ています。

このサイトでは、加熱式タバコや電子タバコ(VAPE)の商品やリキッド・フレーバーの味や特徴、電子タバコ(VAPE)関連のアクセサリー、電子タバコ(VAPE)の情報などを紹介しているサイトです。

 

加熱式タバコとか電子タバコとかって何をするもの?

電子タバコは何をするもの

加熱式タバコや電子タバコ、アイコスとかVAPEなど色々な単語が出てきますがこれらはそもそも何なのか、タバコに興味がない人にとっては全く分からないと思います。

先ずは何をするものかというと、タバコの変わりに吸うものでタバコの場合は火を使ってタバコ葉を燃やして、その煙を吸うといった流れですが、加熱式タバコと電子タバコは煙ではなく蒸気を吸い込みます。その蒸気を吸い込むことによってタバコを吸ったような感覚になります。

煙ではなく蒸気を吸い込むことで体の害が少なくなり健康面で良いとされていることからタバコから加熱式タバコや電子タバコに変える人が増えているのが現状です。

 

加熱式タバコと電子タバコの違いは?

電子タバコの違いは

メディアによって表現はさまざまありますが、加熱式タバコと電子タバコを全てまとめて電子タバコと表現しているところもありますし、加熱式タバコと電子タバコを分けて表現しているメディアもあります。

個人的には、機種の機構などの違いから分けて考えるべきかと思っています。

先ず加熱式タバコについてですが、加熱式タバコにはアイコス(IQOS)とグロー(glo)の2つの製品があります。これはタバコメーカーから出している製品で、タバコ葉が入ったカートリッジを加熱させてその蒸気を吸い込むという吸い方になります。タバコ葉を通して蒸気を吸い込みますのでニコチンが含まれているというのが加熱式タバコの特徴とも言えます。

ニコチンを摂取することでタバコを吸った時と同じような感覚が得られ、それでいて煙ではなく蒸気を吸い込みますので有害性物質の摂取を減らしてタバコを吸った感覚を得られるようになります。

次に電子タバコですが、加熱式タバコのアイコス(IQOS)とグロー(glo)以外は全て電子タバコと思ってもらって構いません。

電子タバコはリキッドと呼ばれる液体を熱で蒸気に変えてそれを吸い込みます。リキッドにはニコチンが含まれていませんのでタバコを吸った感覚とはちょっと違う感じにはなってしまいますが、ニコチンが含まれていない分より有害性物質は低くほぼ害が無いと言われています。

簡単にまとめますと

  • 加熱式タバコ・・・ニコチン入りのタバコ葉のカートリッジを吸う
  • 電子タバコ・・・ニコチンなしのリキッドを吸う

電子タバコのリキッドにニコチンを入れて吸う人もいますが日本での販売は禁止されていますので海外から輸入しなくてはなりません。健康のために電子タバコにしているのでニコチンを入れる必要がないと個人的には思っています。

 

アイコスなどの加熱式タバコや電子タバコ(VAPE)に変える理由

紙巻きタバコから電子タバコや加熱式タバコに変えていく人は非常に多くなっています。理由として考えられるのは

  1. タバコの値段が上がった
  2. 健康に気をつかうようになった
  3. 節約して他のことにお金を使いたい

この3つが大きな要因として上げられますが、その理由について解説していきます。

 

昔に比べてタバコが高価になった

タバコの値上げ

私が子どもの頃はハイライトなんて170円の世界でした。現在は420円と倍以上価格が上がっているのです。近年の動向をは

  • 1998年2月 : 20円上がる
  • 2003年7月 : 20円上がる
  • 2006年7月 : 21円上がる
  • 2010年10月 : 110円上がる
  • 2014年4月 : 20円上がる
  • 2016年4月 : 10円上がる一部のタバコは50円値上げ

このように数年ごとに値段が上がっていますが、これは世界的な流れでもあり今後も値段はどんどん上がっていくことが予想されます。喫煙者は税金を多く支払っていることになるのです。

 

タバコの有害性の認知度が上がった

タバコの有害性の認知度が上がる

一昔前では副流煙は分かってはいたものの行動とまでは行きませんでした。家の中で当たり前に吸っていたり、子どもがいても車の中で親が吸っているという光景は当たり前のようにありましたが、近年、タバコによる害が認知されてきてそれを行動に移すようになってきました。お店で吸えないとかホテルも全室禁煙なんて所も増えてきました。自宅に居ても換気扇の下で吸うお父さんやホタル族なんて言われ外でタバコを吸っている人も一時期話題となりました。

このようにタバコに対する有害性を知り行動に移すことで周りの人に影響が出ないように配慮するようになってきたのです。そして、吸っている当事者が最も体に害があり、世の中の風潮も変わってきていますので禁煙車が増えるようになってきました。

 

体を悪くするために投資するのはバカらしい

禁煙による節約

タバコはどんどん値上がりして購入するのにかなりの投資をしている訳です。しかも、自分の体に悪い影響をもたらしますので良いことはひとつもありません。

私もニコチン中毒だからなんて思い込んで最長でも2週間しか辞められませんでしたが、アイコスや電子タバコ(VAPE)が出てきたおかげで今は紙巻きタバコを1本も吸っていません。このように禁煙する効果もあり、それによりタバコ購入の出費が減りますので紙巻きタバコからアイコスや電子タバコ(VAPE)に変えていく人達が増えている訳です。

実際どのくらい節約効果があるのかは下記の記事で具体的に数値で出していますので確認してみましょう。

参照アイコスで節約できてるの!?ヒートスティック買うなら同じでしょ!

参照電子タバコ(VAPE)の節約効果は?年間いくら抑えられるのか!

 

アイコスってニコチンが含まれているのでは?

アイコスやグロー、プルームテックにはニコチンが含まれています。ニコチンは含まれてはいますがタールがないという点が最も効果的なのです。

発がん性物質などはタールに最も多く含まれていますので火を使用しない加熱式タバコや電子タバコ(VAPE)にはタールが一切含まれていません。タールには発癌性物質の他にもヤニが出て歯が黄色くなったり部屋中黄ばんだりします。加熱式タバコや電子タバコ(VAPE)は蒸気を吸い込みますので煙は一切ないのです。

有害性物質の含有量としてはアイコスなどの加熱式タバコは紙巻きタバコに比べて1/10まで減っていて、電子タバコ(VAPE)についてはほとんど有害性物質が含まれていません。

 

電子タバコ(VAPE)を選んだ方が良ってこと?

電子タバコを選んだ方が良い

その通りですが、紙巻きタバコから突然電子タバコ(VAPE)に変えて辞められる人もいますが、中には物足りなさを感じてしまい再び紙巻きタバコに戻ってしまう人もいます。

そうならないためには、ワンクッション置いてアイコスやグローなどの加熱式タバコを吸ってから電子タバコに切り替える人も多くいます。ちなみに私も一気に電子タバコにしましたが物足りなく紙巻きタバコに戻ってしまいました。それからアイコスを吸うようになってからは、アイコスと電子タバコ(VAPE)の2本吸って、今は紙巻きタバコは一切吸わなくなっています。

電子タバコ(VAPE)で一気に辞められるのであればその方が良いですが、出来なかった場合はアイコスなどの加熱式タバコを吸いましょう。

 

加熱式タバコや電子タバコ(VAPE)に変えるには

変えるためには、スターターキットというものを購入します。このスターターキットというのはバッテリーや充電器などが一式になったセットのことを言います。また、スターターキットのみでは吸えませんので吸うためには加熱式タバコですとスティック状のタバコ葉が入ったカートリッジを購入し、電子タバコ(VAPE)ですと液体になったリキッドというものを購入します。

加熱式タバコのカートリッジはスターターキット本体に合ったものを購入しなくてはいけません。アイコスですとヒートスティック、グローですとネオスティックと呼ばれるカートリッジを購入します。

それに対し、電子タバコ(VAPE)のリキッドはどんなリキッドを選んでもほぼ大丈夫です。色々なメーカーから色んな味が出ていますのでリキッド選びだけでも楽しくなってきたりします。

 

どこに売ってるのか

アイコスやグローは、アイコスshopやgloストア、公式HP、コンビニ、インターネットshop(Amazon・楽天・Yahooなど)で売られています。電子タバコ(VAPE)は、電子タバコ(VAPE)専門店、インターネットshop(Amazon・楽天・Yahooなど)で購入することができます。

電子タバコ(VAPE)は、中国製が大半を占めていますので偽物なんかも多く出回っています。インターネットshopで購入する場合は十分注意して購入するようにしましょう。安全なshopについては下記の記事で紹介していますので参考にしてください。

参照電子タバコ(VAPE)ベイプの購入で注意すべきポイントは

現在プルームテックは人気があり品薄状態でネットshopからの購入だと定価よりも価格が上がっていますので、値段が下がってから購入するべきでしょう。

それでは実際にどのような機種があるのか見ていきましょう。

 

加熱式タバコはこの3種類

加熱式タバコは紙巻きタバコに比べ有害性物質が9割減り健康面で貢献してくれます。ニコチンが含まれていますので吸った時はタバコと同様の満足感が得られますのでタバコに戻らなくなります。

このように、タバコを吸った感覚で害を低減できるという点で加熱式タバコは非常に人気があります。また、吸い方にもよりますが節約効果も期待できます。

アイコス(IQOS)

アイコス ケースとホルダー

フィリップ・モリスから販売されているアイコス(IQOS)は爆発的な人気があり品切れ状態が続いていました。

最近ようやく簡単に手に入るようになりました。

check!アイコス(IQOS)情報はこちらから

 

グロー(glo)

グロー

BATから出しているグロー(glo)もアイコス(IQOS)同様の加熱式タバコです。

ちょっと出遅れた感がありますが、ネオスティックが安いので経済的にも効果がありそうです。

check!グロー(glo)の情報はこちらから

 

プルームテック

加熱式タバコでもタバコ葉のスティックを取り付けるタイプとは異なり、タバコカプセルを取り付けて吸う方式になります。現在は非常に人気が出ていて品薄状態になっています。構造的には電子タバコに近いのですが加熱式タバコに分類されています。

こちらもニコチンが入っていますので、アイコス(IQOS)やグローと比較されやすいですね。

プルームテック外観

JTから出しているプルームテックは唯一タバコカプセルを取り付けて吸う加熱式タバコになります。

JTが製造販売している純国産ですので品質は問題ありません。

タバコカプセルを吸う独特な吸い方が特徴的です。

check!プルームテックの情報はこちらから

 

電子タバコ(VAPE)は種類が豊富なのでどのように選ぶ

電子タバコ(VAPE)のほとんどがニコチンを含まないものです。リキッドを加熱させてその蒸気を吸い込みますがタールはもちろんニコチンも含まれませんので、ほぼ有害性が無いといわれています。

その分吸った気分にならない場合もありますが、アイコスなどと併用させると健康面や経済面で大きく貢献できるのが電子タバコ(VAPE)です。

電子タバコ(VAPE)はさまざまな形状やメーカーがありどれを選べば良いのか最初のうちは分からないかと思いますので下記の記事から選び方について参照ください。

参照電子タバコ(VAPE)の選び方|種類と特徴から選定する

 

電子タバコ(VAPE)のメーカー

ここからは、リキッド補充型の電子タバコ(VAPE)になります。電子タバコ(VAPE)を出しているメーカーは多く、ひとつのけーカーからもさまざまな機種が出ています。

その前に電子タバコ(VAPE)の基本的な構造を理解してそれぞれの役割を知っておきましょう。下記の記事から参照ください。

参照VAPEとは電子タバコのこと!各部位の名称とそれぞれの役割

それでは、どのようなメーカーがあるのかを見ていきます。

 

電子タバコ(VAPE)メーカー 一覧

初めてリキッドを購入するならここから選ぶべし!

セックス オン ザ ビーチ

カクテルのセックスオンザビーチを再現させたリキッド!初心者から上級者まで幅広く愛用されている味わいのリキッドです。ピーチ味に薄っすらと清涼感がありスッキリさせてくれます。

ウーキークッキー

あま~いチョコクッキーを食べているような感覚になってしまうリキッド。VAPEを吸ったことがある人は一度は吸ったことがある定番中の定番リキッドです。

メガマスカット

こちらも定番中の定番リキッドになります。マスカットの中にさっぱりとした清涼感で誰もが美味しいと感じられるリキッドになります。

Copyright© タバコネット , 2020 All Rights Reserved.