アトマイザーの種類と特徴|RBAはRDA、RTA、RDTAに分類される

更新日:

ビルド

電子タバコ(VAPE)のアトマイザーには種類があり、種類によって呼び方も変わってきます。

そして、自作のアトマイザーを調べていると出てくる単語に「RBA」「RTA」「RDA」「RDTA」などの単語を見かけたことがあるのではないでしょうか。しかし、いきなりこのような単語が出てきても意味が分からず「RBAって何?」となってしまうのが普通の心情です。

そこで「RBA」「RTA」「RDA」「RDTA」がどのようなものなのかを紹介してより一層理解を深めて、電子タバコ(VAPE)の奥深さを知っていても良いのではないでしょうか。

電素タバコ(VAPE)のスターターキットを購入すると、セットで付いて来るアトマイザーは一般的にクリアロマイザーが付属してきます。クリアロマイザーでも十分電子タバコ(VAPE)のリキッドを味わうことができますが、より深い味わいを求めるならば自作でアトマイザーを製作するという手段もあります。

 

アトマイザーの種類

アトマイザーは大きく分けると2種類に分類されます。

先にも記載しました、スターターキットに付属してくるアトマイザーはクリアロマイザーで、自分でコイルを巻いて製作するアトマイザーはRBAと呼ばれます。

クリアロマイザー

クリアロマイザー

クリアロマイザーは透明のタンクのことを言い、材質はプラスチック製かガラス製で作られています。プラスチック製のタンクはメンソールや柑橘系のリキッドを入れると腐食してひび割れなどによる液漏れが発生する可能性がありますので、メンソールや柑橘系リキッドを吸う場合はガラス製のタンクを選ぶようにしましょう。

ガラス製のタンクのものはグラスロマイザーとも呼びますが、クリアロマイザーで通じるのであえてグラスロマイザーと呼ぶ人は余りいません。

スターターキットを購入した時についてくるのが、クリアロマイザーです。コイルがダメになっても既製品と交換するだけなので手間がかからないという点がメリットです。

 

RBA(ReBuildable Atomizer)

RBAとはReBuildable Atomizer(リビルダブルアトマイザー)のことを言い、自分でコイルを巻いてアトマイザーを自作することを言い、RBAは更に2種類に分類されています。タンク式がRTA(Rebuildable Tank Atomizer)、ドリッパー式がRDA(Rebuildable Dripping Atomizer)に分類されています。

RDA(Rebuildable Dripping Atomizer)

rda

RDAはRebuildable Dripping Atomizer(リビルダブル・ドリッピング・アトマイザー)を略した呼び方で、RDAの構造はデッキにポストがあり、そこにコイルをセットする構造になっていて、デッキはネジ式かOリングつきスライド式のキャップで覆われた作りになります。

コイルは自分で巻きそこにウィックをセットしますので既製品ではありませんので、交換も自分で行えることからコストを抑えるには最適な方法といえます。

RDAにはリキッドを溜めるタンクがありませんので、直接ウィックにリキッドを垂らし(ドリッピング)ながらコイルに通電させて吸い込みます。デッキには少量のリキッドが溜められるウェルという部分がコイル下に備わっているものもあります。

RDAにするとリキッドの味が濃厚で煙量がクリアロマイザーよりも多く出すことができるのでVAPE本来の味を楽しむのであればRDAは非常におすすめです。

RTA(Rebuildable Tank Atomizer)

RTA

RTAはRebuildable Tank Atomizer(リビルダブル・タンク・アトマイザー)の略で、見た目はクリアロマイザーと見分けがつかないかもしれませんが、コイルは自分で巻きます。

デッキ、タンク、チムニーの3つのパーツで作られ、デッキ部分にはポストがあり金属製のチャンバーキャップで全体を覆いタンクとなります。チャンバーキャップ部分にはチムニーと繋がりドリップチップから吸うことができます。

分かりやすく言えば、クリアロマイザーのタンクにRDAのデッキ部分が挿入されていると思ってもらえれば分かりやすいのではないでしょうか。RDAにはタンクがありませんので毎回ドリッピングしなくてはなりませんが、RTAにはタンクが備わっていますのでドリッピングする手間がかからないという点がメリットになります。

RDTA(Rebuildable Dripping Tank Atomizer)

rdta

RDTAとはRebuildable Dripping Tank Atomizer(リビルダブル・ドリッピング・タンク・アトマイザー)の略で、構造はRDAと同じようなリビルダブルデッキが使用され、リキッドをが入るタンクはアトマイザーの下にあります。プリペイドコイルが使用できませんので自分でビルドします。

デッキに通じる穴の空いたタンクがアトマイザーの下にありますので、ウィックをデッキの穴から垂らし、タンク内まで垂らします。ウィックは底に着くまでは必要ありませんので揺らしながらリキッドをウィックに染み込ませる感じで十分です。

RDAの要素とRTAの要素を兼ね揃えたアトマイザーになります。

 

アトマイザーの種類まとめ

電子タバコ(VAPE)のアトマイザーには、クリアロマイザーとRBA(ReBuildable Atomizer)の2種類に大きく分類することができます。

更に、RBAはRDA、RTA、RDTAと3つのタイプに分類されそれぞれ特徴が異なります。

RDAはタンクを持ちませんので吸うたびにリキッドを補充しながら吸う仕組みです。シンプルな構造でコンパクトな作りではありますが、毎回リキッド補充(ドリッピング)しなくてはならない手間があります。しかし、コイルを次から次へと購入する手間がなく、ウィック交換のみで対応ができますのでコスト面では優れています。

RTAやRDTAはタンクを持つアトマイザーなので毎回リキッド補充する手間がありません。

クリアロマイザーは既製品のコイルを交換していきますので最もコストがかかりますが、自分でコイルを巻いたりすることがありませんので、手間はかからない分、お金がかかってしまいます。

どのアトマイザーでも問題なく吸うことはできますが、より深い味や爆煙を求めているのであればコイルを自分で巻くRBAに挑戦してみるのも面白いでしょう。



話題の記事

メンソール系リキッド人気ランキング 1

メンソール系のリキッドはスッキリとした爽やかで清涼感のあるリキッドです。 メンソールが入っていることで吸った感覚が増して満足感が得られます。タバコのメンソールを吸っている方であれば電子タバコ(VAPE ...

タバコ味リキッド 2

紙巻きタバコから電子タバコ(VAPE)に変える時はタバコ味のリキッドから入ると禁煙がしやすいという人もいます。しかし、タバコ味のリキッドはいまいち再現性が低くて純粋なタバコ味のリキッドは余りありません ...

コーヒー系リキッドおすすめ 3

電子タバコ(VAPE)のコーヒー系リキッドのおすすめ品をランキング形式で紹介していきます。 休憩の一時や食後に一杯コーヒーを飲むなんて人は多いかと思います。電子タバコ(VAPE)のリキッドをコーヒー系 ...

マスカット・ぶどう系リキッド 4

電子タバコ(VAPE)のリキッド選びをする時は最も無難なのはマスカットやぶどう系のリキッドを選ぶことです。何故かと言うと、最も万人受けする味で外れが出にくいリキッドが多いという点です。 マスカット味の ...

爆煙VAPEランキング 5

VAPE(電子タバコ)を持つなら爆煙の方が良いなーなんて思っている人は多いはず! 爆煙にするということは、リキッドをいかに霧状にできる構造になっているのかがポイントになります。つまり、アトマイザーの性 ...

アスパイアK4 6

Contents1 アスパイアK4はどんなVAPEか1.1 K4の製品仕様1.2 K4スターターキットの内容2 K4の取扱方法2.1 充電方法は2.2 電源の入れ方2.3 エアフロー3 K4の主な機能 ...

エミリミニ+ 7

Contents1 エミリ(EMILI)には種類がある2 エミリミニ+(プラス)とは3 エミリミニとエミリミニ+(プラス)の比較一覧3.1 エミリミニとエミリミニ+(プラス)では吸引方式が違う3.2 ...

iStick Piko 8

Contents1 iStick Picoとは1.1 iStick Pico製品仕様1.2 iStck Pico スターターキットのセット内容1.3 iStick PicoのMODにバッテリーを入れる ...

ココナッツ味リキッド 9

電子タバコ(VAPE)のココナッツ味リキッドのおすすめをランキング形式で紹介していきます。 その前に果実のココナッツについて簡単にふれてみたいと思います。ココナッツとはいわゆるヤシの美で、東南アジアや ...

five-pawns 10

私が電子タバコ(VAPE)を初めてから色々なリキッドを試してみましたが、やはり1番衝撃を受けたのがFIVE PAWNSのリキッドです。 高級リキッドとして知られるFIVE PAWNSでありますが、値段 ...

-アトマイザー
-,

Copyright© タバコネット , 2020 All Rights Reserved.