FLEVO(フレヴォ)って何!?DMMから出してる電子タバコ

更新日:

FLEVO

最近話題になっているFLEVOですが、そもそもFLEVO(フレヴォ)とはどんな物なのでしょう。

電子タバコということは分かりますが、一般的な電子タバコと少し違うようなのでその詳細について見ていきましょう。

 

FLEVO(フレヴォ)ってなに?

FLEVO(フレヴォ)とは、2016年12月にDMMから販売された使い捨てカートリッジ式の電子タバコ。

FLEVO(フレヴォ)は電子タバコの入門にはもってこいの商品で、何と言ってもその価格の安さに定評があります。更に、使い方も簡単で一般的な電子タバコだと液状のリキッドをアトマイザーに注入して吸わなくてはいけませんが、FLEVO(フレヴォ)は使い捨てのカートリッジ交換のみで簡単に吸えてしまいますので使い勝手も非常によい電子タバコというわけです。

この手軽な使い勝手とスタイリッシュなデザインから若者を中心に指示されています。

 

FLEVO(フレヴォ)の価格はいくら?

FLEVO(フレヴォ)のスターターキット本体の価格は980円です。

FLEVOスターターキット

この値段は電子タバコでは破格の安さで誰でも簡単に購入できてしまいます。

今までの使い捨て電子タバコは、本体とカートリッジが一体型であったため吸い終わると本体ごと捨てるというものしかありませんでした。以前までの使い捨て電子タバコとは異なり、FLEVO(フレヴォ)は本体とカートリッジが別々の作りになっています。

FLEVO(フレヴォ)はカートリッジが無くなったら、カートリッジのみを捨て本体はそのまま充電しながら使用し続けることができますので、その分維持費という面でも安く抑えることがでるのです。

 

FLEVO(フレヴォ)のスターターキット内容

FLEVO(フレヴォ)スターターキット内容

FLEVO(フレヴォ)のスターターキットの中に入っている物はこのようになります。

  • バッテリー
  • フレーバーカートリッジ(メンソール/タバコフレーバー)
  • USBアダプタ
  • 取扱説明書・保証書

スターターキット内にはこれらが入っています。それぞれがどのような役割なのかを見ていきます。

バッテリー

バッテリーがいわゆる本体となる部分です。バッテリーを充電しながら使用し続けますので、こちらは吸えなくなっても捨てないようにしましょう。

フレーバーカートリッジ

スターターキッドには、メンソールとタバコフレーバーのカートリッジが各1本づつ入っています。このカートリッジが無くなると吸えなくなりますので交換します。いわゆる、一般的な電子タバコでいう「リキッド」、アイコスでいう「ヒートスティック」、グローでいう「ネオスティック」、プルームテックでいう「タバコカプセル」といった部分で、無くなれば購入して交換していきます。

USBアダプタ

バッテリーを充電するための物です。今はどの家庭でもUSB差し込み口があるかと思います。スマホの充電器のUSBを抜いて、こちらのUSBを接続して、反対側にバッテリーを取り付ければ充電されます。スマホとの併用ができない場合は新たにACアダプターを購入してスマホと同時に充電できるようにしましょう。

参照電子タバコ充電用のACアダプター選びは要注意

FLEVO充電中

充電中はUSBアダプタのランプが赤色に点灯して、バッテリーの先端は青く点灯します。充電が終わるとUSBアダプタのランプが青色に点灯が変わり、バッテリーの先端は消灯するようになっています。このようにランプの色を見れば充電が終わっているか終わっていないかは一目でわかるようになっています。

充電時間は1.5から2時間の充電で、200回吸うことができる。

取扱説明書・保証書

取扱説明書には簡単な取扱方法が記載されていますが、別に読むほどの物ではありませんが一応目を通しておいてください。保証書は1ヶ月の保証期間があります。

万がいち、初期不良などがあるかもしれませんので、1ヶ月は捨てないで取っておくようにしましょう。

 

FLEVO(フレヴォ)のカートリッジ種類は?

FLEVO(フレヴォ)のカートリッジは現在3種類のフレーバーがあります。カートリッジフレーバーにも色がありますので、バッテリーと違う色のカートリッジフレーバーを購入してしまうとツートンカラーになってしまい、ちょっとカッコ悪いので注意してください。

タバコフレーバー

グレーの箱に入った1番タバコの味に近いフレーバーです。コーヒーのような風味がしますが、メンソール以外のタバコから変えようとしているならこの味が良いかもしれません。

メンソール

青緑色の箱に入ったメンソールのフレーバーです。これは、そのままメンソールの風味になります。メンソールのタバコから切り替えるのであれば抵抗なく吸えるのではないでしょうか。

ビタミンベリー

ピンク色の箱に入った甘い味がするフレーバーで、ビタミンBが含まれたフレーバーになります。ハイチュウのイチゴ味っぽいという声もありますが、そんな感じの甘さで女性は吸いやすいかもしれません。

FLEVO(フレヴォ)はどのくらい吸えるの

FLEVO(フレヴォ)のカートリッジを1箱購入すると、5本のカートリッジが入っており、1本で吸える回数は240回吸うことができます。つまり、1箱購入すると、240回☓5本=1200回吸えるということになります。多いのか少ないのか良く分かりませんのでアイコスのヒートスティックと比較してみましょう。

比較するのに回数で見ていきます。

まず、アイコスのヒートスティックは、1本で6分又は14回吸うことができ、1箱20本入りで1本辺り14回すえることから、回数にすると1箱で280回吸えるということになります。FLEVO(フレヴォ)のカートリッジが4倍以上吸えるということになりますね。あとは金額を見ないとどちらがお得かは判断できません。

アイコスのヒートスティックは1箱で460円、FLEVO(フレヴォ)のカートリッジは1箱1,480円します。1箱の金額を見ると3倍弱なのでFLEVO(フレヴォ)の方が断然高い金額となります。

吸える回数がそれぞれ違いますので吸える回数で割ると1吸い辺りの金額は以下のようになります。

【結果】

■アイコスヒートスティック:480円/280回=1.71円

■FLEVO(フレヴォ)カートリッジ:1480円/1200回=1.23円

1吸い辺りの金額換算すると、アイコスのヒートスティックは1.71円になり、FLEVOカートリッジは、1.23円となりましたので大差はありませんが、FLEVO(フレヴォ)が若干安いということが分かります。このことから、アイコスを吸うよりFLEVO(フレヴォ)を吸っている方が安上がりで済むことが分かったかと思います。

 

FLEVO(フレヴォ)の吸い方は簡単

一般的な電子タバコですと、ボタンを押している間に吸い込むという機種が多いですが、FLEVO(フレヴォ)は吸い込んだだけで自動で電源が入り吸えます。それなので、何もすることはありません。ただ吸い込むだけで吸えてしまいます。

体への有害性は

一般的な電子タバコと変わりません。タールもニコチンも含まれていませんので、有害性は極めて低いです。しかし、電子タバコ自体未知数な部分がありますので有害物質がゼロとは言い切れません。ただ、紙巻きタバコや加熱式タバコよりは確実に体への害は少ないでしょう。

臭いはどうなの

FLEVO(フレヴォ)は電子タバコ同様でタバコのような臭いにおいはありません。若干フレーバーの香りはしますが、嫌な臭いではありませんので気にならない程度です。タールも含まれていませんので、部屋の壁がヤニで黄色くなったり、歯が黄色くなる心配もありません

歯が黄ばまない

メンテナンスなどの手入れは

FLEVO(フレヴォ)は継続して使用するものはバッテリーのみであり、それ以外は消耗品になるので手入れをする必要が全くありません。一般的な電子タバコだとアトマイザーへのリキッド注入からタンク洗浄、コイル交換などメンテナンスが必要になりますが、FLEVO(フレヴォ)はその部分が消耗品から出来ていますので手入れすることがないのです。

 

FLEVO(フレヴォ)の悪いところは

一般的な電子タバコだと色んなリキッドを選ぶことができますので色んな味を味わえますが、FLEVO(フレヴォ)はフレーバーが3種類しかありませんので選択枠が少ないという欠点があります。

それと、バッテリー容量が少ないのでフル充電で200回しか吸うことができませんので、フレーバー1本がなくなるより早くバッテリーがなくなり充電を頻繁にしなくてはならないという点。

そして、スターターキットにケースが付属していない点です。FLEVO(フレヴォ)はスティック形状ですので持ち歩くには何かケースに入れていた方が便利です。スターターキットに付属していないので別途購入しなくてはなりません。専用ケースが出ていますのでそれを使用するのが良いでしょう。

しいて上げるとするならこの3点が欠点でしょうか。

 

FLEVO(フレヴォ)ってどんなものまとめ

FLEVO(フレヴォ)の仕様はこのようになります。

  • サイズ:太さ8.5mm、長さ99.5mm
  • 重量:14.3g
  • 吸引回数:1カートリッジ240回
  • フレーバー:ブラック、ホワイト各3種類(タバコフレーバー/メンソール/ビタミンベリー)
  • 充電時間:1.5から2時間
  • 色:ブラック、ホワイト

FLEVO(フレヴォ)は一般的な電子タバコと比較すると、初期投資も少なくて済みますしカートリッジフレーバーも1つで240回吸えますので、それほど高いものではありません。

操作も簡単でメンテナンスフリーという点でも他の電子タバコや加熱式タバコよりも優れているということが分かります。特に、女性にとっては今まで電子タバコにしようかなと思っていても、リキッドを注入するのに分解しなくてならないとか、コイルの交換だとか良く分からない点が多かったと思いますが、FLEVO(フレヴォ)ですとそういったことも一切ありませんので、気軽に乗り替えることができるのではないでしょうか。

FLEVO(フレヴォ)はこんな電子タバコ!

●節約効果になる

●健康への配慮(紙巻きタバコから変える場合)

●手入れしなくて良い

●本体価格が安い

●デザインもシンプルでオシャレ

●吸うのが簡単でカートリッジの交換も簡単

これらの簡単で手軽しかも経済的なFLEVO(フレヴォ)の人気は衰えそうにありません。



話題の記事

メンソール系リキッド人気ランキング 1

メンソール系のリキッドはスッキリとした爽やかで清涼感のあるリキッドです。 メンソールが入っていることで吸った感覚が増して満足感が得られます。タバコのメンソールを吸っている方であれば電子タバコ(VAPE ...

タバコ味リキッド 2

紙巻きタバコから電子タバコ(VAPE)に変える時はタバコ味のリキッドから入ると禁煙がしやすいという人もいます。しかし、タバコ味のリキッドはいまいち再現性が低くて純粋なタバコ味のリキッドは余りありません ...

コーヒー系リキッドおすすめ 3

電子タバコ(VAPE)のコーヒー系リキッドのおすすめ品をランキング形式で紹介していきます。 休憩の一時や食後に一杯コーヒーを飲むなんて人は多いかと思います。電子タバコ(VAPE)のリキッドをコーヒー系 ...

マスカット・ぶどう系リキッド 4

電子タバコ(VAPE)のリキッド選びをする時は最も無難なのはマスカットやぶどう系のリキッドを選ぶことです。何故かと言うと、最も万人受けする味で外れが出にくいリキッドが多いという点です。 マスカット味の ...

爆煙VAPEランキング 5

VAPE(電子タバコ)を持つなら爆煙の方が良いなーなんて思っている人は多いはず! 爆煙にするということは、リキッドをいかに霧状にできる構造になっているのかがポイントになります。つまり、アトマイザーの性 ...

アスパイアK4 6

Contents1 アスパイアK4はどんなVAPEか1.1 K4の製品仕様1.2 K4スターターキットの内容2 K4の取扱方法2.1 充電方法は2.2 電源の入れ方2.3 エアフロー3 K4の主な機能 ...

エミリミニ+ 7

Contents1 エミリ(EMILI)には種類がある2 エミリミニ+(プラス)とは3 エミリミニとエミリミニ+(プラス)の比較一覧3.1 エミリミニとエミリミニ+(プラス)では吸引方式が違う3.2 ...

iStick Piko 8

Contents1 iStick Picoとは1.1 iStick Pico製品仕様1.2 iStck Pico スターターキットのセット内容1.3 iStick PicoのMODにバッテリーを入れる ...

ココナッツ味リキッド 9

電子タバコ(VAPE)のココナッツ味リキッドのおすすめをランキング形式で紹介していきます。 その前に果実のココナッツについて簡単にふれてみたいと思います。ココナッツとはいわゆるヤシの美で、東南アジアや ...

five-pawns 10

私が電子タバコ(VAPE)を初めてから色々なリキッドを試してみましたが、やはり1番衝撃を受けたのがFIVE PAWNSのリキッドです。 高級リキッドとして知られるFIVE PAWNSでありますが、値段 ...

-スターターキット
-, ,

Copyright© タバコネット , 2020 All Rights Reserved.